ex design
デザイン事例

法律事務所・弁護士のホームページ事例

法律事務所・弁護士のホームページをお考えの方へ、
配色や構成などのデザインが参考になるホームページ・Webサイトをまとめました。

1 2

法律事務所・弁護士のホームページの特徴

法律事務所・弁護士の業務は交通事故、債務整理、離婚、相続、消費者被害などの個人向けと、企業法務、M&A、ファイナンス、企業再生、損害賠償、訴訟などの法人向けに分けることができる。個人向けの場合は安心感を与える「緑色」が、法人向けの場合は信頼感を与える「青色」が使われていることが多い。

業務範囲が多岐に分かれるので、従業員数が多い事務所は、離婚問題特化型サイト、相続特化型サイトというようにそれぞれ特設のサイトを作成している場合が多いという特徴がある。

個人事務所のような規模が小さい事務所は、代表者の顔写真をホームページのトップに掲載することが多く、それにより安心感・信頼感の演出を図っている。最近では個人向けに「LINE相談サービス」を打ち出したりして、差別化を図る事務所が増えている傾向です。

法律事務所・弁護士のホームページで集客する方法

法律事務所・弁護士の業界で集客をしていくには、「新宿区 弁護士」「新宿区 法律事務所」などの市区町村ワードを狙っていく方向性がベターです。それらのワードで1ページ目を獲得できれば、ある程度のアクセスが見込めます。

個人向けの業務を行える場合は、離婚や相続などで役に立つ記事を複数作成するようにしましょう。法人向けと違って個人向けは検索されるボリュームが段違いに多いため、上位を獲得できれば大幅にアクセスを増やすことができます。ただ弁護士ドットコムニュースとバッティングする可能性もあり、なかなか上位を狙うのは難しいというデメリットもあります。

法人向けの場合は、法改正されたタイミングで法を解説する記事や、最近のビジネスモデルの法的リスクを解説する記事がお勧めです。法改正されたタイミングでは競合が少なく、比較的上位に表示しやすいメリットがあります。ビジネスモデルの法的リスクの解説とは、最近で言えば仮想通貨、民泊、fintech、ソーシャルレンディングなどです。税理士・会計士の分野になる場合もありますが、専門的な意見やノウハウを記事化することにより、上位表示の可能性があるだけでなく、専門家としてメディアに露出できる可能性もあります。

弁護士などの士業は守秘義務の関係で実績をアピールすることができないので、こういったノウハウを記事化するということにより、新規顧客の開拓に繋がります。

業界・業種で絞り込む

テイストで絞り込む

タイプで絞り込む

カラーで絞り込む

まずはお気軽に!

サクッと概算見積書を作成します

どのくらいの費用と時間がかかるのかを知りたい方、
概算の見積書を作成しますので、まずは気軽にお問合せください。

法人企業の集客に特化した
ホームページ制作会社「オルトベース」

作成しただけでは意味がないホームページ。弊社では結果に拘った成果の上がるホームページを制作いたします。見積もりは無料なのでお気軽にお問合せください。